適当に組んで色塗ってもそれなりに形になるので
あまり難しいことは考えないで気楽に好きなように作ってください!
主義主張もなーんにもないので。
こういうデフォルメ系は色々遊んでいいと思います。

それでは以下↓ポイントです。

----------------------------------------------------------------------------------------------






全部で5パーツ。
元絵がラバー用のデフォルメ単純線なのでこんなもんでしょう。
これでパーツ数が20とかだったら逆に怖いです。

バリ取り・洗浄・気泡埋めなどは省略します。
ガレキの組み立て方を説明して下さってるところは沢山あるので
ぐぐられたほうが丁寧で有益です。

--------------------
ポイント1
頭と胴体は3mmプラ棒で繋いでます。
首の部分は全部切り取ってプラ棒を刺したほうがいいかもしれません。
頭に穴を空けるときは必ずまっすぐ刺して下さい。
胴体を傾き加減で作ってるのでナナメに空けるとあとが大変。
--------------------
ポイント2
右足と台座は1.5mmの針金で繋いでます。
左足は浮きます。
私は手元にあったのが1.5mmだったのでそれを使いましたが
足ぎりぎりだったのでちょっとずれると割れます。
瞬着でくっつけてもいいかもしれませんが頭が重いので倒れる危険性があります。
--------------------
ポイント3
ラーヌは裏に段が付いてる部分があります。
それをジャンさんの上着のすそに引っ掛けると収まります。
上過ぎるとジャンさんのあたまにぶつかるので注意。
--------------------
ポイント4
ジャンさんの右目のまぶたの部分をうすーくやすっておくとあとで塗装がラクです。
詳しくはポイント5で。
--------------------

仮組み終わったら塗装です。
プライマーを噴いてホワイトでサフってください。
キット自体がホワイトレジン使ってるのでプライマーのあとに
そのままサフレスで塗装に入ってもOKです。

--------------------
ポイント5
顔はエナメルで描いてます。
右目の上まぶたはくぼみより気持ち内側で左目は外側で腺を引いたほうがバランス取れます。
あとポイント4のところで少し浅めにしておくと描きやすいです。
顔は私流で描いているので参考程度で。
--------------------
ポイント6
口はあえて作ってないです。
×にするのもニコニコにしても△でもへの字でも好きなように描いて下さい。
-------------------

あとは写真に注釈を。





最後に写真の通りにくっつけてもらえれば終了。
台座はデコっても可愛いかもしれません。